本文へスキップ

秘密の心 知っておきたい秘密 私たちの心の裏側

私たちの心life

心に残るつながり

ビル外観

私たちの「心」には、“感情”による「つながり」と、“思考(考え)”による「つながり」があると思います。

“感情”による「つながり」とは、誰かに優しくされて、「良い人だな、信頼が出来るな」などと、心が動いて相手を大切にしようと、“感情”がベースになって気持ちが動きます。
“思考(考え)”による「つながり」とは、誰かと親しくすることにメリットを感じて、相手をつなぎとめたいという気持ちによるもので、気持ちが動きません。

誰かに対して、自分の“感情”が動いて、親しみを感じて、大切にしたいと思う時は、相手が多少嫌な言動をとっても、その人の良さを知っているので、乗り越えられてしまう気がします。

相手を必要とする自分の気持ちが理解出来たら、相手のことを理解出来るようになるのではないでしょうか?


人生の指標

○○○公園写真

私たちがお伝えしたいことをお話しします。

私たちの“ビリーフ”は自分を知っているような、何かしらの知恵があるように思います。なぜなら自分を相手に合わせて生きるために、自分を知る方法を持っていて、無意識の領域の扉の中に隠して、普段は自分で気づけないようにして、自然に“感情”を起こして、自分の行動を決めているからです。“ビリーフ”は自分のことをダメな人、嫌な人、嫌われる人、分かってもらえない人、疎まれる人などと言う自分への捉え方を抱かせて、他者との関わりを決める指標です。私たちの心には“ビリーフ”という人生を決定してしまう感情反応の原因があります。

私たちの人生を決定するほどの威力を持つ“ビリーフ”を、誰かに教わったことはありますか?自分の心の裏側にある秘密の扉の中には、自分の過去の痛みの出来事を保管しています。私たちの心の裏側の扉を優しく開く時、忘れていたはずの過去の出来事の感情の煽りで痛んだ原因が出て来ます。


生きるために必要なこと

○○○祭りイメージ

自分が生きるために必要なことがあるとしたら、それは自分を変えることではないでしょうか?

自分を変える時、必要なことは一つです。

「自分に向き合う」それだけです。

「自分に向き合う」ことは、自分自身を顧みて反省したり責めたり悔んだりすることでは無く、心の痛みに寄り添いながら気持ちを受け止めるだけです。

心の痛みに、自分で出来ることをしてみませんか?これまで自分の内面を、自分の声と共に向き合って来られたことはありましたか?
私たちの気持ちを解消するには、自分の内面を恐れずに向き合うことが必要です。自分の内面には子供の頃の些細な行き違いで抱いた“感情”があるだけです。


自分のために出来ること

○○○海浜公園写真

私たちの心の裏側には、自分が隠している恐れがあります。

自分の恐れは、忘れていた過去の出来事で、自分に対して抱いたセルフイメージに対する恐れです。

自分が恐れ続けたのは、誰かに言われた言葉や誰かの対応によって、自分がダメな人であると思い込んだだけの、過去の“感情”の記憶の遺産です。

私たちは、自分のために、自分が抱いた“感情”を持て余しています。その“感情”に向き合って、優しい言葉をかけながら、ほどいて解消して、自分を理解して、他者との関係を心地良いあり方に変えることが出来る可能性があるのが、RFTです。RFTは、自分のために、自分が出来る優しさといたわりの心理セラピーのツールです。


店舗写真

information店舗情報

RFT心理学 サイトのご案内です。以下のリンクをご覧下さい。
『RFT心理学 サイトのご紹介』